美容卸本舗はおかげさまで創業12年。
美容室専売品が通販で激安!
入手困難な、シャンプーやトリートメントのサロン専売品が購入可能!
電話注文もOK!

洗顔・石鹸・ボディソープ

スキンケアでもっとも大切なことは洗顔です。
肌に負担をかけず汚れをきちんとおとすことを心がけましょう。

(1)汚れはその日のうちにおとす。でも、洗いすぎは禁物。
メイクや汗などのよごれをいつまでも肌に残すことは、くすみや肌代謝を悪くする原因となります。
一日の終わりはいつも汚れのない肌に心がけましょう。
一日の洗顔料による洗顔の回数は朝晩一回ずつが目安。
一日に5回も6回も行う洗顔はかえって肌によくありません。
洗いすぎは、肌を保護している皮脂を余分に落としすぎてしまうため、肌の水分量が減り乾燥します。
極端に油分が少ない肌状態はかえって、
保護膜である皮脂を過剰分泌させてしまい、バランスを崩してしまいます。
ですから、洗顔料による洗顔は基本は朝晩一回ずつ。
ただし、日中運動等でたくさん汗をかいた時などは、きちんと洗顔をしてください。

(2)メイクの汚れはメイク落としで落としてから洗顔を行う。
メイクアップ製品の多くは油分やシリコンが配合されているので、
なかなか一回の洗顔ですみずみまで綺麗に落とすことは困難です。
綺麗に落とそうとゴシゴシ肌を何度も洗ってしまうのは返って肌を傷めてしまいます。
肌に負担なくメイクを落とすにはそれ専用のクレンジング剤(ダブルクレンジング)で汚れを浮かして
落としてから洗顔料で洗顔するダブル洗顔をおすすめします。

(3)よく泡立てましょう。
汚れは泡につつまれて落とすため、洗顔料はよく泡立てることが大切です。
洗顔フォームの場合、手のひらで空気をつつみこむように円を描いて泡立てますとよく泡立ちます。

(4)けっしてゴシゴシ洗わない。なでるように洗いましょう。
小鼻のまわりなど、汚れが気になる部分はついついゴシゴシ洗いがち。
肌を押さえつけるようにゴシゴシ洗うのは肌を傷めるだけではなく、
かえって汚れを毛穴の中に押し込めてしまうおそれがあります。
上記(3)でも記したように、汚れは泡で包み込んで落とします。
大切なポイントは皮膚を動かさないように肌表面をなでるように泡をなじませて洗います。
これだけで毛穴の汚れ等の落ち具合は随分変わります。

(5)すすぎはきっちり。洗顔料を残さない。
洗顔で一番気をつけることは、すすぎをきちんと行うことです。
洗顔料は汚れ落とすもので、肌にずっと残すものではありません。
特に髪の生え際や小鼻の洗い流しは十分におこないましょう。
また、洗い流しは水または人肌程のぬるま湯で行います。
理想はぬるま湯で洗顔し、洗い流しの最後にひきしめで水を数度かけるのがベストです。
またタオルでごしごし拭くことも避けましょう。
上からやさしくおさえてタオルに水分を吸収させるように拭うのが基本です。


■マミヤンアロエ
シャンプートニック等頭髪ケア
肌荒れ化粧水乳液クリームローション
洗顔石鹸ボディソープ
アロクインシリーズ
その他
トラックマークの付いた商品は送料無料商品です。同梱品も全て送料無料!
5
取扱メーカー一覧美容卸本舗 TOPへ戻る
Copyright (C) 2009 美容卸本舗. All Rights Reserved.

携帯アクセス解析